<< 道は開ける 新装版 | main | 絶対内定2009―自己分析とキャリアデザインの描き方 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


数に強くなる (岩波新書 新赤版 1063)

「失敗学のすすめ」で有名な著者の作品。

・主な内容
体感覚に基づいて定量化しよう!
ということが書かれている。

・気になったポイント
桁が同じで2倍までなら許される
→どんぶり勘定でよいから定量化してみることが重要
回を重ねるごとにその精度もあがっていく

コンサルで行われるケース問題につながるものがありそう。

数につよい人は具体的なものを抽象化してふたたび具現化するのが上手い人

勝間さんも定量化を勧めていたのですがやり方か゛分からなかったのでこの本読んでよかったです。薄いのですぐ読めるのもいい。

・対象
定量化することに興味がある人は読んでみるとおもしろいでしょう。
でも、数字なんて嫌いだ!という人が読んでもあまり苦にはならないと思います。

はじめに----数(かず)とはどんなものか
 1 数に強くなる
 前口上/数がイヤな理由/数はくたびれる/数に強い人とは/数
に強い人の頭の中/頭の中で全体を作る/全体の中でとらえる/な
んでも数にする
 2 数の感覚をみがく
 気色が良い数・気色が悪い数/ゼロの個数を丸覚えする/その場
で数を作る/体感基準をインプットする/数の認識回路を持つ/
ザックリのすすめ/ドンブリのすすめ/ドンガラのすすめ/数を立
体的に表わす
 3 数の声を聞く
 ぜんぶ「1人当たり」にする/水呑百姓はどれほど苦しいか/
「変わる」を基軸にする/ソロバン頭を育てる/1000を聞いて1で
知る/音と光と数の不思議
 4 数を使う
 1日1000歩1キロの法則/1駅2分の法則/自己評価は2割増し
の法則/6%の原理と7‐10の法則/大入り満員7掛けの法則/
ニッパチの法則/2‐6‐2の法則
 おわりに

スポンサーサイト

  • 2009.07.20 Monday
  • -
  • 06:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
    成功を加速する名言 (04/21)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM