<< 犯人に告ぐ | main | 平成・進化論。 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


そのときは彼によろしく スタンダード・エディション

評価:
長澤まさみ;山田孝之;塚本高史,平川雄一朗
東宝
¥ 3,320
(2007-12-21)
市川拓司著の同作品が映画化されたもの。
幼なじみ3人の友情と愛を描いた物語。

気づいたこととしては
市川作品は2回見るべきということ
何故ならそれぞれの行動の意味がわかるからです。
私は小説を一度読んでいたため、2回見るのと同じ効果がありました。

あ、でも、小説を読んでからだと役のイメージが崩れるというのは仕方ないです。
私の花梨のイメージと長澤まさみではイメージが異なりました。
まあ、山田孝之と塚本高史は結構ピッタリでしたが。

さて、風呂にでも入ってきますか。

スポンサーサイト

  • 2009.07.20 Monday
  • -
  • 09:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
    成功を加速する名言 (04/21)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM